物|遠近法 瞑想室

物|遠近法

瞑想室と称する天井高さの低い和室は、線を描くアーティストの鯨津朝子さんに、錯視的なドローイングを描いてもらっています。

この錯視的ドローイングは空間をあやふやのものとし、さらに戸袋の障子にまたがって描かれた線は障子ともどもスライドし、この閉ざされた空間内部に流動性を与えます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました