物|遠近法 構造模型

未分類

「フルスクリーン」のとなる開口を得るために混構造の大梁と同じく混構造の方杖を用いています。
これらは同時に、駐車スペースに張り出した片持ち部分を支えるバランサーだったり、支点だったりもします。片持ち部分は上方から丸鋼で吊っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました